「誘惑の癒し〜覚醒したら胸を出したエロナースが患者を癒す〜」

フェチ画像
スポンサーリンク

[PR] オススメのオナホで気持ちよくなろう!

[PR] ナース好きなあなたにオススメのAVはこちら!

↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓

うっとりと目を覚ました瞬間、私の視界には美しい姿の彼女が広がっていました。胸元を大きく開けた制服からは、色気溢れる谷間と鼓動を高鳴らせるバストが覗いています。その釣り上がった視線からは、私をじっと見つめる彼女の真剣さが伝わってきます。

「おはようございます。お目覚めですか?大丈夫ですか?」

そんな彼女の優しい声が耳に心地良く響きます。彼女の目つきには少しの緊張感もみられますが、それ以上に彼女が胸に秘めた情熱がひしひしと伝わってきます。

「お身体の具合はいかがですか?少しでもお痛みはありますか?」

彼女は私の安否を確かめながら、その手を優しく触れてくれました。彼女の指先が触れると、微かに感じる温もりと共に、エキサイティングな緊張感が私の身体を包み込んでいくのが分かります。

「少し恥ずかしいかもしれませんが、こちらで検査をさせていただきますね」

彼女が優雅な動作で聴診器を手に取り、私の身体に寄り添ってくる姿勢に、私の心も高鳴りを覚えてきます。その聴診器の冷たい感触と、彼女の手や指先の軽い触れ合いに、どんどん興奮が高まっていくのが分かります。

「少し大胆なことを申し上げますが、このふくらみをよく観察させていただけますか?」

彼女の口調には、堂々としたエロスが漂っています。彼女が私の胸元に視線を落とすと、自然と彼女の目が輝きを増していきます。彼女の目線に引っ張られるように、私自身も誘われるようにと目を閉じ、胸を高鳴らせて彼女の指示に従います。

「ふむ、ここの触り心地がやはり気になりますね。もう少し詳しく調べさせていただけますか?」

彼女の瞳には情熱と興奮が交錯し、その視線が私の身体を貫いていくような感覚がします。私の身体に触れる彼女の手は、柔らかさと力強さを兼ね備えており、彼女の指先の感触がどんどんと私の体温を高めていくのが分かります。

「あら、少しお時間が経ってしまいましたね。続きはいつでもいたしましょう」

彼女は満足そうな微笑みを浮かべながら、私から離れようとします。しかし、私の身体はまだ彼女の触れることを求めていることを、彼女は察しているのでしょうか。

「まだまだお時間はありますよ。ゆっくりと、私を診察してください」

私の言葉に彼女は微笑み、再び私の身体に近づいていきます。胸を開放し、熱い想いが渦巻く中で、私たちは2人きりの密室で再び情熱の探求を始めるのでした。

Text assisted by AI
Image generated by AI

↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓
スポンサーリンク

[PR] オナホの準備はOK?最新オナホはこちら!

スポンサーリンク

[PR] エッチなライブチャット無料体験!

日刊フェチをフォローする
日刊フェチ

コメント