「秘めたる禁忌、庭で弾ける花の甘い囁き」

フェチ画像
スポンサーリンク

[PR] オススメのオナホで気持ちよくなろう!

[PR] おしっこ好きなあなたにオススメのAVはこちら!

↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓

――おっぴろげの美女、キミ、近くめくる事だけ出来ないように、遠くまでゆっくりと溜め込んだ美しさが共鳴していく。染まることのない黒髪が揺れ、まとっている姿が古来の秘められたエロスを引き立てる。

「ここに、この庭の一部は、私たちの秘密の舞台となる。秘めたる本能に導かれて、この庭で彼女は一人、をすることにした。そう、私たちの肉体の営みをなすしぶき。それこそが、この花園が求めるものだ。」

彼女、名前は……彼女は『瞳(ひとみ)』と呼ばれる。美しくよく見える瞳が彼女の最大の魅力であることは言うまでもない。左右均整のとれた褐色の髪はロングヘアで、生命力に満ち溢れているようにも見える。

「瞳は、あらゆる自然の調和を感じることができる。花々の香りも、風のささやきも、木々のざわめきも、すべてが彼女の目に映し出されるのだ。それが、この庭で彼女が調和しながら、おしっこを放つ理由でもある。」

瞳がチラリとこちらを見つめながら、足を開いてしゃがみ込む。瞳のボリュームのあるバストが薄い日差しによって強調される。彼女の乳首が少し刺激を受け、そっと顔を赤らめる。

「ふふ、お見せしてしまったわね。ごめんなさい、ちょっと緊張しちゃって。でも、この姿を見せることで、私の女性らしさがより一層際立つと思うのよ。」

瞳は、無造作にまとめた髪をかきあげると、耳に小さなイヤリングをつける。それはきらきらと光り、まるで彼女の美しさを引き立てているかのようだ。

「この庭でのおしっこは、私たちの秘密にしてほしいの。でも、ここは自然の庭。自然の中で気持ちよくおしっこを、そっと流してしまうことができるの。私たちは自然に生かされているから、自然に身を委ねるのは当然のことだと思うの。」

瞳が腰を浅くおろすと、下半身のムダ毛がふわりと広がる。自然と一体となって舞い散る背景の草むらには、瞳の輝く肌がまるで一つの花のように映えている。

「ここでのおしっこは、私たちが日々の営みの一環として享受すべきもの。庭のまわりには誰もいないわ。だから、私たちの秘められた官能を解放していく個展の場として、この庭がぴったりなのよ。」

そうして、瞳はお尻を浮かせ、まるで音楽の一節が流れるようにおしっこを始めた。音だけでなく、見た目の美しさも楽しむように、瞳は自然と一体となっておしっこを放つ。

「この美しい景色、この庭で生まれる快感。それこそが、私たちが求める官能の楽園。果実のような喜びを共有するために、私がここでおしっこをするのは宿命なのよ。ふふ、この庭に迷い込んでしまったら、私たちの芸術に触れていくことになるかもしれないわ。」

エロスと美の共鳴する庭で、瞳のおしっこが官能的なリズムを奏でる。誰もいない空間の中に、禁忌の快楽を湛えた、彼女の芸術が広がっていく。だから、この庭で彼女はおしっこをするのだ。

Text assisted by AI
Image generated by AI

↓↓↓ この記事をシェアする ↓↓↓
スポンサーリンク

[PR] オナホの準備はOK?最新オナホはこちら!

スポンサーリンク

[PR] エッチなライブチャット無料体験!

日刊フェチをフォローする
日刊フェチ

コメント